ギャラリー

弊社2020年カレンダー掲載の赤青立体地図について、
専門家による解説を毎月掲載します。
カレンダー付属の赤青メガネ赤青メガネを通してご覧ください。
赤青メガネは5枚セット500円(税抜)で販売しております。
赤青立体地図の情報は、パンフレットや当社WEBサイトをご覧ください。
パンフレット:赤青立体地図のご紹介(PDF)
「ショップ」:手軽にご利用頂ける製品のご紹介
「サービス」:受託業務のご紹介
「ギャラリー」:カレンダー以外の画像例
「業務案内」:赤青立体地図以外の受託業務のご紹介
赤青立体地図 ご注文はこちら

12月 桜島(鹿児島県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
錦江湾きんこうわんに浮かんでいるように見えますが、 大隅半島と陸続きの火山です。 姶良あいらカルデラ(図中1) の南縁付近にあり、最近でも噴火情報がたびたび報じられています。
北岳きただけ中岳なかだけ南岳みなみだけからなる 御岳おんたけが南北に連なっていて、 北方および南方には流れ出た溶岩(2)が海まで到達しているのが見られます。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率7、紙面標高0m、視距離60cm

11月 大雪山(北海道)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
旭岳連邦からなる表大雪と呼ばれる地域の北側です。
大雪山たいせつざんは、 北海道最高峰である旭岳あさひだけ北鎮岳ほくちんだけ赤岳あかだけ白雲岳はくうんだけなどの 火山体(図中1)の中央に 御鉢平おはちだいらカルデラ(2) が分布する火山群です。
山頂から山麓の中腹にかけて溶岩台地(3)が分布し、下方には緩斜面が広がっています。
周辺の層雲峡そううんきょう(4)や 天人峡てんにんきょう(5) で急崖が見られますが、 いずれも溶結凝灰岩ようけつぎょうかいがんの分布域で、 岩盤の硬さが斜度に反映されています。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率5、紙面標高200m、視距離60cm

10月 霧島山(宮崎県、鹿児島県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
霧島山きりしまやまは、 最高峰の韓国岳からくにだけ(図中1)や 高千穂峰たかちほのみねなどの火山群の総称で、 霧島連山とも呼ばれています。
火口群は北西―南東方向に線状に配列しています。 近年は韓国岳南東にある新燃岳しんもえだけ の火山活動が活発で、立体斜度図でも火口内に2つの噴気孔が確認できます(2)。
山麓斜面は溶岩台地が発達しています(3)が、南西麓では渓流沿いに侵食が進んでいます。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率7、紙面標高0m、視距離60cm

9月 羊蹄山(北海道)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
羊蹄山ようていざんは、 平面的に見ると同心円状の成層せいそう火山で、 蝦夷えぞ富士とも呼ばれています。
山頂に父釜(図中1)と呼ばれる火口を持ち、この北西に母釜、小釜と呼ばれるそく火口が見られます。 山頂から山腹は溶岩流(2)の形跡が明瞭に見られ、山裾まで流出した状況も明瞭です。
北西の山裾には半月湖はんげつこ(3)と呼ばれる火口湖が見られます。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率7、紙面標高0m、視距離60cm

8月 駒ヶ岳(北海道)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
北海道駒ヶ岳は、渡島おしま富士とも呼ばれる成層火山です。
最高峰の剣ヶ峯けんがみね(図中1)は鋭く尖った形をしていて、 北の砂原岳さわらだけ(2)の盛り上がった地形と対照的です。 山頂周辺では溶岩や火砕岩が分布し急斜面となっていますが、山麓は火砕流堆積物が分布し緩斜面が広がっています(3)。
火口原かこうげん(外輪山内側の平らな場所) には、昭和4年火口(4)が見られます。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率7、紙面標高0m、視距離60cm

7月 雲仙岳(長崎県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
1990年から1995年にかけての火山活動で形成された最高峰の平成新山へいせいしんざんの周囲に、 普賢岳ふげんだけ国見岳くにみだけ妙見岳みょうけんだけ野岳のだけなどが分布しています。
雲仙岳北西~東~南方の山麓斜面は火砕流(図中1) または岩屑がんせつなだれ(2)の緩斜面が広がっていますが、 西方の山麓(3)は溶岩あるいは火砕岩が分布する急な斜面となっています。
1991年に大規模な火砕流が発生した水無川みずなしがわでは、 土石流災害防除のための砂防施設整備(4)が進められています。
立体視設定:1:350,000表示時、垂直倍率5、紙面標高0m、視距離60cm

6月 八甲田山(青森県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
八甲田山は東北地方の脊梁せきりょう山脈である奥羽山脈(図中1)の北端に位置しています。 最高峰の大岳おおだけ(2)を中心に、 田茂萢岳たもやちだけ乗鞍岳のりくらだけなど 18の火山群の総称で、大岳の北東にある 田代平たしろたい(3)には広大な高地湿原群が広がっています。
八甲田山では溶岩円頂丘(溶岩の押出によるドーム状の地形)および溶岩流が山頂付近に分布していて、 北西および南東方向に火砕流あるいは軽石流台地(4)が形成されています。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率7、紙面標高0m、視距離60cm

5月 阿蘇山(熊本県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
広大な外輪山の内部に中央火口丘群が見られます。 阿蘇山火口を中心にほぼ一列に並ぶ根子岳ねこだけ(図中1)、 高岳たかだけ中岳なかだけ(2)、 杵島岳きしまだけ(3)、 烏帽子岳えぼしだけ(4)は、 阿蘇五岳と呼ばれています。
外輪山の外側では火砕流かさいりゅう台地(5)が発達しています。 西方の白川(6)流域で開析かいせき(侵食によって、谷が多く形成された状態) が進んでいますが、その他の地域ではあまり開析が進んでいないことがわかります。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率7、紙面標高200m、視距離60cm

4月 磐梯山・安達太良山(福島県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
磐梯山ばんだいさんは、 会津富士とも呼ばれる成層火山です。主峰の磐梯山(図中1)のほか、 東側の櫛ヶ峰くしがみね赤埴山あかはにやまを含めて呼ばれることもあります。 南斜面側を表磐梯、北斜面側を裏磐梯と呼び、裏磐梯では大規模な山体崩壊跡(2)が見られます。
南方の猪苗代湖いなわしろこ東岸付近では、 尾根先端の直線状配列(3)による南北方向のリニアメントが見られ、 活断層の存在が疑われる地形です。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率7、紙面標高200m、視距離60cm

3月 赤城山・榛名山(群馬県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
赤城山あかぎさんは、 中央のカルデラを最高峰の黒檜山くろびさん(図中1) や駒ケ岳などの外輪山が取り囲み、周辺の鈴ヶ岳、鍋割山なべわりさん(2) などの溶岩ドームが分布する火山群の総称です。
榛名山はるなさんは、 烏帽子ヶ岳や掃部ヶ岳かもんがたけ などの外輪山の中央に中央火口丘である榛名富士溶岩ドーム(3)があり、 外輪山周辺の二ツ岳ふたつだけ(4)、 五万石ごまんごくなどの火山群の総称です。
両山ともに山頂にカルデラ湖があり、 妙義山と併せて上毛三山じょうもうさんざんと呼ばれます。 両山の裾野には利根川が流れ、渋川市の市街地(5)が形成されています。
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率7、紙面標高100m、視距離60cm

2月 八ヶ岳(山梨県・長野県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
図中央の鞍部あんぶ(尾根が窪んだところ、図中1)を境に北八ヶ岳と南八ヶ岳と呼ばれます。 北八ヶ岳は比較的なだらかな斜面を形成し、南八ヶ岳は急峻な斜面を形成しています。 有史上の確実な噴火記録は残っていません。 北八ヶ岳山麓では溶岩および火砕流かさいりゅう台地(2)が明瞭にみられ、 南八ヶ岳山麓では火山岩屑がんせつなどからなる扇状の緩斜面(3)が広がっています。
立体視設定:1:800,000表示時、垂直倍率7、紙面標高400m、視距離60cm

1月 富士山(静岡県・山梨県)


赤青メガネ 画像クリックで拡大表示
古来より霊峰として信仰を集めている富士山は、きれいな成層火山として見ることができます。 南南東麓の中腹には宝永火口が見られ、中央の火口を結ぶ延長線上にはいくつかの溶岩円頂丘が点在しています。 北西から北東の山裾には富士五湖が分布し、外方は新第三系が分布する山地となっています。
図中 1:宝永火口 2:溶岩円頂丘群
立体視設定:1:500,000表示時、垂直倍率5、紙面標高0m、視距離60cm