航空写真測量

航空写真測量は航空機から撮影した写真を使用して、広域の地理・地形情報を精密に抽出する技術です。
官公庁・自治体で使用される基本図や設計・計画に使用される地形図など、公共測量に沿った撮影・図化を行います。

航空レーザ測量

航空レーザ測量は航空機から放出したレーザーにより地形の3次元データ(X・Y・Z)を取得する技術です。
地形表現方法である数値地形モデル(DEM)を作成することが可能となり、このデータは「防災」・「砂防」・「森林」・「都市計画」など多岐に渡る分野で利活用されています。

地上測量

地上測量は、計測機器を使用して現地で直接、地形・地物の位置、高さ、深さを測定する技術で、あらゆる測量の基礎となるものです。
道路、橋梁、トンネル、都市計画等の社会資本整備を進めるうえで、測量は不可欠な要素となっています。
基準点測量や用地測量など、あらゆる測量調査に対応しています。